「RPAってそもそも何?」という方に図や活用事例などを踏まえて解説していきます。

「RPA導入を検討中」、「とりあえずRPAについて知りたい」という方などへ少しでも参考になれば幸いです。

RPAとは

RPAとは「Robotic Process Automation」の略で、直訳すると「ロボットで業務プロセスを自動化する」という意味です。

私たちが、普段コンピューター上で行っている「決まったルールのある反復作業」を自動的に行ってくれるツール、それがRPAなのです。

また、仮想知的労働者を意味する「デジタルレイバー (Digital Labor)」とも呼ばれています。

誰でもできるような単純作業がRPAの得意分野であり、定型業務やルーチンワークを優先的にロボットに任せることで、企業全体で業務の効率化が期待できます。

RPAのご利用イメージ

RPAの仕組みについて

RPAを使用して、どのように業務の自動化を行うのか解説していきます。

RPAで業務を自動化するためには、人の手で業務手順をRPAへ登録する作業が必要です。この登録作業をシナリオ化やシナリオ作成と言います。RPAはこのシナリオに基づき業務を進めていきます。

詳しく見ていきましょう。

RPA仕組みイメージ

1.人間が自動化したい業務のシナリオ作成

上述の通り、RPAに業務を自動化してもらうには業務手順の登録作業(シナリオ作成)が必要になります。

そのため、現状の作業手順を細かく整理しましょう。シナリオ作成の注意点として、作成した後に業務手順や作業対象となっているシステムに変更があった際は修正が必要になります。

誤った業務手順の登録(シナリオ作成)をしてしまうと、RPAで自動化していた業務がストップしたり、誤った手順のまま作業を進めたりしてしまうため、注意しましょう。

なお、多くのRPAツールでは、シナリオ作成画面が直感的に操作しやすいように開発されています。簡単なマウス・キーボード操作でシナリオ作成を行えるため、非IT部門での業務自動化のハードルが低いと言えます。

2.RPAツールがシナリオをもとに業務を実行

RPAは作成されたシナリオに基づき作業を行うため、一度作業を開始させれば、想定外のエラーが発生しない限り継続して作業を進めます。

人間と違って24時間365日稼働が可能なため、タイムスケジューラを使用し夜間に作業させたり、窓口業務などの来客対応などで業務が中断することもありません。

ただし、想定外のエラー発生時には、都度従業員の対応が必要になります。こちらは事前にエラー発生時の業務フローの作成や、自動化した業務で変更が生じやすい箇所などを可視化できる資料にまとめておくことで、スムーズに対応できるでしょう。

RPAの活用事例紹介

RPAをより深く知ってもらうために、具体的な活用事例をいくつかご紹介します。

住信SBIネット銀行株式会社

こちらでは、住宅ローンの申し込み件数増加に伴い、審査関連の事務業務に多くの負荷がかかっていました。加えて、商品ラインナップの拡充や業界での認知度の高まりから、口座解説の申し込みが急増し、人員の増強が追いつかないことも事務の負荷に拍車をかけていました。

そこで、RPAツールの導入を検討。5社のRPAツールを比較した結果、データ入力やデータシステム更新との親和性が高く、ロボットの集中管理が可能で、ユーザー部門でも簡単に扱える「UiPath」を導入。

RPAの本格導入から一年半以上経過したこちらの企業では、260あまりの業務を自動化し、計94830時間の業務削減効果を実現。また、周辺業務が効率化されたことにより案件審査に注力する時間を捻出できたことで住宅ローンの審査期間を短縮に成功しています。

その後は、RPAが導入されていない部署に対して、社内インフラネットのサイト上にでも動画やRPA関連のコンテンツをアップロードするなどして、啓発活動を行っています。

■導入RPAツール
UiPath(公式サイトはコチラから)

参考サイト:「導入事例:住信SBIネット銀行株式会社 | UiPath株式会社

株式会社シルスフィア会計事務所

こちらでは、月末に締め切った後の処理を行う業務が月初に集中するため、毎月の月初に従業員間の稼働調整に悩みを抱えていました。また、その業務も定型作業とはいえ、ミスができない作業であったため、担当者に高い負担をかけていました。

そこでRPAツール「EzRobot」を導入。RPAツールが夜間帯に月初業務を行うため、従業員間の稼働調整が不要になり、それまでその業務に従事していた担当者を負担から解放することにも成功。

他にも、請求書作成やファイル取得業務などもRPAツールに代行させており、日々の業務改善に役立てています。

■導入RPAツール
EzRobot(公式サイトはコチラから)

参考サイト:「株式会社シルスフィア会計事務所 | RPA EzRobot 公式サイト

愛知県 大府市役所

こちらでは、時間外労働や職員の負担軽減及び事務作業の省力化のため、RPAツールの「SynchRoid」を導入しました。

RPAツールの選定基準は、全庁導入・全庁展開の実現のため、複数のクライアントPCからロボットを作成・稼働及び一元管理が可能なサーバー型のRPAツールを選択しています。

事務作業を抱えがちな部門から3業務を選定し、実証実験を行ったところ、3業務での年間削減効果は160時間と達成しました。特に、税務課のシステムへの入力業務では従来60分かかっていた作業を81.7%減となる11分に短縮しています。

その後の本格導入で更なる削減効果を見込んでいるそうです。

※SynchRoidは、豊富な国内導入実績を誇る「BizRobo!」をベースに開発されたRPAツールです。(BizRobo!のOEM製品)

■導入RPAツール
BizRobo(公式サイトはコチラから)

参考サイト:「【RPA事例 自治体】愛知県 大府市役所 | RPA テクノロジーズ株式会社「BizRobo!(ビズロボ)」

まとめ

RPAを導入すると、業務の自動化・効率化によって生産性を大幅に向上できますが、自動化できる業務には向き不向きがあります。

また、今回は成功事例を紹介しましたが「実際にRPAを導入したものの思ったより効果が出なかった」、「ツールを上手く扱えなかった」など失敗事例もあります。

RPAを検討中の方は、まず自動化したい業務を明確にすること、トライアルなどを使用し実際にRPAを使用することをおすすめします。

RPA導入や業務効率化にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。(相談無料)

弊社では株式会社RPAソリューションズが提供するRPAソフト「EzRobot(イージーロボット)」を取り扱っております。

EzRobotは月額5万円・初期費用無料で利用できるRPAソフトで、その価格の安さと操作のしやすさから多くの中小企業の経理業務や会計事務所、税理士事務所に導入されております。

資料請求やオンラインでの無料相談会、無料トライアルの受付を随時実施しておりますので、RPAの導入検討にぜひご利用ください。

お問い合わせ